FX専業トレーダーの生活と日々の気持ちメモ2017年1月




2017-01-11-19-30-49

FXトレードだけをしながらの生活も3ヶ月目に入りました。

この先、この生活を続けていく中で初期の自分の日々の気持ちがどんなものだったか?

忘れないようにメモしておく。

兼業ではなく専業にしたことによる不安と恐怖

まず、この2ヶ月を経過して日々つのる思い

それは

恐怖、不安

これが全てといえるかも。

毎日が不安です。

サラリーマン14年やってその後自営業になった頃も2ヶ月先は生活できるかどうか?

そんな不安に襲われたもんですが、不思議なもんで10年も自営業やってると

仕事なくてもどうにかなるや!

くらいの精神的余裕が生まれたりもしました。

とはいえ自営業でも先の生活に対する不安や老後の不安は常にありました。

それが専業のFXトレーダーになると

アカン、これで半年先に生活なんて出来るとは到底思えない。

という感じで不安というよりも恐怖で心が満たされる日が頻繁にあります。

不安というより恐怖です

1週間で5日、毎日チャートみつめてトレードしてます。

今は専業とはいえプラス収支とはいえない状況なので勝つ日も多いけど、負ける日とその額が不安をあおります。

しかし、マーケット関連のトレーダーの心理的な書籍を多く読み、自分自身も精神コントロールを重視しながら生活してるので恐怖を感じつつも、その恐怖心を「良い意味でのストレス」として感じながら業務としてトレードに向かっております。

とはいえ、

週末の土日なんかにふと近い将来を考えると

やっぱ今まで通り仕事もしたほうが安心やなあ。。

また、普通の仕事(労働に対する対価が見えやすいもの)に逃げようとする心が騒ぎます。

でも、とりあえず今ある生活費(1年分ほど)がある限りは専業トレーダーとして全力で相場に向かいながら日々勉強と位置づけ収益も求めていきたいと思っています。

そんな向上心と不安が交錯する日々

それがFXトレードを仕事として専業で生きる日々の心中です。

勝利に浮かれる午前、沈む午後

自分はドル円のみのトレードをしています。

以前は1ポジション10万通貨でしたが、徐々に枚数を減らし今は1ポジション3万通貨にしています。

口座の証拠金は70万円~80万円を推移してるので平均して3枚で5つのポジションをとれます。

この初期2ヶ月の日々のトレードの経過をチェックしてると

午前中に利益を出して、午後からNY時間に損失を出すことが多いことに気づきます。

だいたい毎日朝8時から昼の13時までで30pipsから多い日で50pipsとれてます。

ほぼ100%に近い確率で午前中はプラス収支です。

午前中だけでやめれば毎日プラスかというとそうでもなく、

プラス収支でやめて翌日トレードすると午前中でも損失を膨らませることが多いです。

なので今はとりあえず

午前で可能な限り利益を膨らませ、

午後以降のNYタイムでのロスをカバーできるような動きを意識してトレードに向かってます。

四六時中ポジションもってるわけではなくスキャルピングメインなので「ここぞ!」という時以外は数秒から数分でポジションは整理します。

ボラティリティがある相場より動きの少ない相場のほうが助かってる

スキャルピングでのトレードを1日で30回~200回程度こなしてます。

現状の自分のスキルでは値動きが大きかろうが小さかろうが利益確定の値幅は0.2pips~3pipsというのが9割を占める。

なので値動き小さい日の相場のほうが損切りが小さく済んで助かることが多い。

逆に値動きが大きい日は損切り判断が遅れて大幅なロスカットを余儀なくされるミスも多い。

今後はスキャルピングもしつつ、20pipsレベルの利益をとれるポジション狙いも重視してスキルをあげていきたいと考えているが、現状での成功体験(数pipsの積み重ねで1日100pips異常利益出すこと)になれてるせいもあり、なかなか新たなスキル獲得に動きづらい状況。

1歩進んで2歩下がる日々

今は1日1口座で30pips~70pips獲得する日が多い。それを2口座動かすので1日平均の利益は60pips~150pips程度となっている。

しかし、負ける日は1日で150pips程度失う事が多い。それを2口座なので300pipsレベルの損失。

1週間に5日トレード

そのうち2日はプラスで終わるが3日は損失で終わる。

そんな週が多いです。

専業になって初月の12月は月前半はプラス収支でしたが後半の閑散相場で大きくロスを重ね月間でかなりのマイナス終始となった。

休むも相場と言いますが、初心者は休むより経験と考えてるのが仇となった。

年が明けて2017年1月になって

3歩進んで2歩下がる

くらいにはなりつつある。

しかし

まだ油断したり、

気が大きくなったり

不安に満たされてポジション取れなかったり

そんな瞬間が日々を埋め尽くします。

なんとか専業3ヶ月めはプラス収支で月間を終えたい。

なので危ない相場(自分で方向感がわからない時間)は休むことに徹底しております。

退屈です。

焦りも出ます。

でも無理にポジション取りすぎないように努力です。

様子見しすぎると損切りが遅くなったりポジションとれなくなったりと人間の精神というのは不思議なものです。

攻めの姿勢と守りの姿勢。

気持ちの持ちようひとつで結果が諸所変わってきます。

日々これ平常心

平常心をもち相場に挑めるようになるにはまだまだ修行が必要です。

平常心さえあればチャートの知識やスキャルピングのルールに従うだけで利益は積み重なる。

わかっていても保てないのが平常心なのです。

リスクを低くしつつも利益をしっかりと抑えたい

仕事として取り組むFXトレード。

よりリスクを抑えたトレードができるであろうドル円を専門的に扱います。

過去にはポンド円、ユーロドル、オージー円なんかもやってましたが、経済指標や国債金利、日本在住ということも考え情報によるマーケットの方向性を感じるにもドル円トレードが一番リスクが低いように思います。

なので当面はドル円のみのトレードを行います。

もちろんユーロショックやブレグジットの問題もあるのでポンドやユーロの対ドルレートもときどきチェックします。原油や米国債金利10年も一応流れは頭に入れて相場に向かっています。

2017年は米国金利における利上げ3回を見越した長期の流れを見込みつつも日々のヘッジファンドの動きに翻弄されすぎないよう注意深くポジションを選んでいます。

とにかくヘッジファンドがどういうポジションをとるのか?どのロスカットラインを狙っているのか?は常時意識しつつポジションとったり抜いたりの日々です。

スキャルピングは短時間で決済できるので最もリスクが低い投資法だと感じています。

投資というより投機です。

日々の相場を動かすのはほとんどが投機筋です。

そんな中で何度もポジションとるわけですから自分も投機的目線を重視して相場に向かうことが大事であると考えています。

専業トレーダーとして成長するために

長々と現状の気持ちや状況を書き綴りましたが

今後も長く専業のFXトレーダーとして生き抜くために

とにかくコツコツと利益を積み重ねる。

コレに徹する必要があります。

今は資金が80万円の口座を2つ動かすだけです。

これでも日々2万円~の利益が出せてる。

とにかく月間収支をプラスで終えるようにしたい。

仕事として真摯にトレードや経済マーケットに向かっていきたい。

日々勉強、日々実戦。

不安は常につきまといますが、感情的にならず

常に利益を最重視した精神と態度で相場に向かっていきたい。

そうおもう2017年1月吉日。

本日も利益をいただき相場に感謝です。

スポンサーリンク