利小損大から利大損小を目指してトレード手法を切替中、けっこう難しい

2015-01-07 4-33-13

年末から年始にかけて自分のトレード方法に少し変化を加えようと努力している。

スキャルピングということで0.5pipsとか、雀の涙のような利益確定が多かったこともあり、勝率は80%以上でトレードできていたが、損切りが15pips固定だとどうしても利益の伸びが悪い。

それでも利確目標3~5pipsと決めている時は勝率も高くプラス収支の日が続きやすい。

しかし、

専業のプロトレーダーを目指す以上、やはり利大損小は必須の条件

今の0.数pipsで手仕舞いするポジションも利益を待ちきれないだけで5pipsはとれるであろうポジションが多いのも事実。

なんとか最低でも3pips、最大で10pips程度を目指したポジション取りに変化していきたいと思い、年明けから試行錯誤。

あと、

そろそろ取引通貨枚数も増やして「おー、こんなに儲かるんだ」というのを経験積んでいきたいので10万通貨でトレードし始めた。

その結果

勝率がガクン!と落ちる。

そして収支のほうも1週間ほどで24万円マイナスw

本日も午前中に4万円ほどマイナスだったので一時口座残高は54万円まで落ち込んだ。(もともとは90万円)

午後からなんとか

10万通貨取引

3pips以上をとれるポジションに徹する

というローカルルールで口座残高は64万円までもどした。

本日は損切り20回、うち15pips満額ロスカットは6回

収支 プラス49880円(約49.8pipsの利益)

というかNY終盤のボラティリティ高くなったとこでうまく利益をとれたおかげ。

一日17時間チャートみてるのに負けが進んでた

やむを得ず経済指標での大きなボラティリティを活用しての収益。(普段は避けるんだけど。。)

今日はクロス円全般にかなり円高に進んだので、なんとかうまくいった。。

それにしても今日はGBPは一時300pipsマイナスとか激しかった。

明日からも10万通貨メインで取引しようと思う。

それにしても、トレード枚数、目標収益を少し意識変えるだけで心の負担がけっこう違ってくる。

やはりトレードは精神の安定

心理コントロールが重要なんだなあと実感です。

 

スキャルピング派の私が長く使えている口座

FX業者はユーザー勝ち始めると短時間トレードを理由に口座凍結する。これにより大損害を受けるトレーダーも少なくありません。(ほとんどの業者が秒単位などの短時間トレードを禁止しています)そのせいで、勝ち始めると不安で精神状態が悪くなり負けが大きくなるという悪循環。

 

短時間トレードOKの口座を使えばそんな不安がなく、気分良くトレードできます。短時間トレードOK,スキャルピングOKといえばここです
MT4で土日も分析できて初心者でもわかりやすい。私はここを使い始めて不安がなくなり圧倒的に勝ち始めました。

JFX株式会社



 

短時間トレードメインの私が最も長く、最も多くトレードできている口座です。

 

最狭水準のスプレッド
スピード注文で値動き大きいときも強い

日記

実践デイトレ&スキャルピング

DMMとGMOでスキャはOKなの?>>

シェアする
FXデイトレブログ貯金0からの逆転