トラリピとは「トラップ」「リピート」「イフダン」の 3つの仕組みをひとつにまとめた技術

トラリピは、「トラップ」「リピート」「イフダン」の
3つの仕組みをひとつにまとめた技術です。

トラリピとは

トラリピ解説 マネースクエア

マネースクエア

 

 

簡単に分かる動画がこちら

 

上がれば下がる下がれば上がる為替相場の特性を賢く利用

通貨が安いときに買う。高くなれば売る。これが、FXで利益(為替差益)を得る基本です。もちろん、思惑通りの場合も、外れる場合もあります。

 

一方、トラリピが対象とするのは、為替相場の特性そのものです。

為替相場には

  • 一定の価格帯を行き来しやすい(=レンジ相場)
  • 24時間動き続ける

という特性があります。

 

トラリピはこの特性を賢く利用します。

 

 

こちらの図はレンジ相場のイメージです。

上がれば下がる、下がれば上がる、で一定の幅を行き来しています。

この動きは24時間休むことなく続きます。

ここに2本のラインを引いてみましょう。

 

  • 赤のラインまで値が下がったら買う、
  • 青まで上がれば売る。

 

こうした取引を繰り返すことができれば、たとえ取引開始時(○)に比べ、終了時(●)の価格が低くても3回利益を得るチャンスがあります

 

為替相場は24時間動き続けるので、取引を繰り返せれば、そのチャンスはますます増えていきます。

トラリピは、このレンジ相場に対して

「何回も繰り返して自動取引(リピート)」

「何本も罠を仕掛けるように取引設定(トラップ)」

できるのが、最大の特長です。

 

一度に5円より、何度も50銭。為替相場の特性を賢く利用

トラリピの設定について、

マネースクエアは狭い値幅での設定をお薦めしています。

その理由をご紹介しましょう。こちらは実際の米ドル/円の値動きです。

大きな値動きは3回。5円の値幅を狙うには、タイミングを見極め、図の網掛の範囲で買う(相場を当てる)必要がありました。

 

一方、50銭の値動きを狙った場合、チャンスは年間94回ありました。トラリピは罠を仕掛けるように何本も取引設定できるので、さらにチャンスは膨らみます。

 

高低差に対して、相場を面で捉えて小さな値動きを延べで積み重ねたものを「総推移」と言います。総推移は高低差よりも大きな値動きになる傾向です。

 

実際、この年の年間総推移は513.75円でした。マネースクエアはいち早く「総推移」での運用に着目し、ノウハウを蓄積してきました。

資産運用型FXを自信を持ってご提案できるのも、「総推移」というアイデアと、それを具現化するテクノロジー「トラリピ」があるからです。

 

※「トラリピ」は、取引の利益を保証するものではありません。仕掛け方によっては多額の資金が必要となったり、設定したレンジを外れた場合、損失を被ることがあります。

 

イフダンをリピートする IFDリピート&トラップ

 

 

 

自動的に売買ができるシステムです。

 

詳細はこちら

トラリピ口座開設

マネースクエア

 

 

トラリピは1クリックでもできる

トラリピを簡単にクリックひとつで注文設定

当社アナリストが独自の視点で最新マーケットを読み解き、いまの相場にぴったりなトラリピ設定をご提案。気になるモデルを選択しクリックするだけで発注画面へ設定を反映、初心者でも簡単にトラリピを注文できます。